井出ガバナー 一行 山梨県知事を表敬訪問

th_%e5%b1%b1%e6%a2%a8%e7%9c%8c%e7%9f%a5%e4%ba%8b%e8%a1%a8%e6%95%ac%e8%a8%aa%e5%95%8f

 9月15日(木)、セレス甲府(アピオ)で行われる10Rガバナー公式訪問に先立ち朝9時、井出 孝地区ガバナー、濵田 徹第1副地区ガバナー、石原英司第2副地区ガバナー、斉藤良治キャビネット幹事、大津順一キャビネット会計、土橋 享10RCの6名は山梨県庁1階ロビーに集合し、3階にある天然カラマツの化粧板で囲まれた広々とした重厚感のある知事室に、後藤 斎山梨県知事を表敬訪問した。

 井出ガバナーはガバナー・バナーを後藤県知事に贈り交流を深め、ライオンズの活動や今期ガバナーテーマである『For The Future』〜未来の為に〜の意図する内容について、地域社会に密着した社会奉仕を拡大発展させ、行政だけではカバーできないところに光を当て、新しい風を送り込む気持ちで取り組みたいと話し、早速、10月4日(火)に山梨県の防災新館のオープン・スクエアーをお借りし、山梨県で初となる「骨髄移植セミナー」を開講することを伝えた。

  後藤県知事は井出ガバナーの活躍に感銘し「ライオンズの皆さんが、仕事以外の場で熱心に地域社会を支えていく活躍をなされておられることに感謝しています」とエールを送った。

 段取り等を含め、後藤県知事との面談が成功したのも、県議会議員でもある土橋10RCの陰の力添えが功を奏したものである。

取材:PR・情報委員長 L加藤 正藏
撮影:PR・情報委員 L輿石 逸朗