10R ガバナー公式訪問合同例会・小会議

th_2016_10R02

●9月15日{木}於:セレス甲府{アピオ)

 9月15日{木}井出 孝地区ガバナーは早朝より県庁にて、後藤ひとし県知事を表敬訪問され、山梨の現状・ライオンズクラブの役割指名等につき対談致しました。

th_2016_10R01

 セレス甲府{アピオ}において10時より10Rガバナー公式訪問小会議が開催され、井出ガバナー、濱田 徹第1副地区ガバナー、石原英司第2副地区ガバナー、キャビネット幹事、キャビネット会計他、11クラブ三役、総勢55名の参加にて盛大かつ厳粛に執り行われました。

 濱田第1副ガバナーの開会の挨拶後、出席者紹介、クラブ3役が紹介された。引き続き井出ガバナーの挨拶の中で、今回は長期継続アクティビティ・今後新しくチャレンジしたいアクティビティについて・各クラブの問題点を焦点に小会議が進められました。継続事業は、スポーツ少年団応援・献血活動が多く印象に残った事業は舞鶴LCの「車いすテニス」障がい者の方と汗をかいたり今後はゴルフもやってみたいと話していました。その延長で東京パラリンピックの応援もしていきたいと今後も楽しみです。

 井出ガバナーはクラブに「新しい風」を入れ、例会・アクティビティは楽しく・和やかに実施することで、出席メンバーも増え退会者も減る。それから女性メンバーを増やしてほしいと話しました。

 合同例会では、土橋 亨10RCを先頭に各役員の方々が入場160名を超えるメンバーの参加もと盛大に開催されました。新入会員8名が入会されガバナーよりラペル・ピンを襟に付け記念写真を撮りました。その後サプライズで各事務局員さんにガバナーより記念品も渡され、和やかに交流を深めた。

th_2016_10R03

th_2016_10R04

 歓迎会懇親会も長時間の会議の後にも関わらず、多数の参加で盛り上がり盛況のうちに終了致しました。

取材・撮影:PR・情報委員 L輿石 逸朗