第4回キャビネット会議

6月2日(木) 於:横浜ロイヤルパークホテル

th_th_16060201

th_th_16060202

 尾形慶三地区ガバナーの挨拶は、繰り返し唱え続けることば「仲間とメンバーを大事にしよう!」で始まり、自身は330-B地区唯一の武士として1年間メンバーのために仕事をし、悔いは一切ないことを語った。最後に井出 孝地区ガバナーエレクトへさらなる協力を要請し挨拶を閉じた。

 田岡慎司キャビネット幹事の幹事報告、星田信之キャビネット会計の会計報告が終了すると、次に尾形ガバナーから一般社団法人移行の経緯説明が始まった。社団法人プロセスの問題点は、クラブ会員に説明する時間があまりにないこと、他地区の強引な手法に困惑していることなどが説明された。質疑応答では法人化移行へのメリット・デメリットは?などが寄せられたが、尾形ガバナー自身に検討時間があまりになく、回答不可能と戸惑いの中質疑は終了し休憩となった。

再開すると、全委員長から各委員会の報告があった。各委員長は3分以内の持ち時間で、ユーモラスな報告や委員会活動への協力に対し感謝の旨を述べ、濵田 徹次期第1副地区ガバナーの閉会宣言により会議は閉会した。

取材:PR情報委員 L古澤 告夫
撮影:PR情報委員長 L近野 照彦