クラス別「薬物乱用防止教室」を開催

2016041801

 現在クラブ正会員数は31名で、認定講師15名の内講師経験者9名と地区の講師経験者の応援で「薬物乱用防止教室」を開催しております。当クラブは、2011年に初めて2校で開催し、今年度は12校と増加に推移しております。これは当初横須賀北LCの佐藤典平Lと椎野為博Lにすべてのご指導と模範講師を務めていただき、その後の会員の積極的な参加協力があり現在に至っております。当クラブが毎年3月に旭区内の公立学校へ「薬物乱用防止教室」の案内文書を送付し、各学校は4月に学年計画を立て、学年後半の授業での開催を依頼します。

 また「タウンニュース」に教室開催の記事掲載を依頼すると共に、45周年記念事業(2013年)として旭区役所と二俣川駅前交番に薬物乱用防止の大きな看板「ダメ。ゼッタイ。愛する自分を大切に」を掲示させていただき、旭区内の啓蒙と広報に努めております。当クラブの開催形態は、クラス別(今年度は32教室)を基本にしています。よって、同日同時間にクラス数の講師が必要なので、会員へ認定講師養成講座の受講と講師の経験をするように要請しています。また他の会員も積極的に資料配布や補助などを手伝ってくれます。このようなクラブ全体での活動がクラブ活性化にも繋がっています。

 当クラブの薬物乱用防止教室は、
1.『薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」』のDVDを視聴後、自分で考えて発言するグループミーティングを取り入れています。
2.身近に子供たちへ伝えるため、グループミーティングの最中に薬物標本を見せて回り、説明や質問に答えています。
3.薬物乱用防止の小冊子を一人一人に配布して、子供たちに家庭で「薬物乱用防止」を話し合うようにお願いしております。

 現在は、ゾーンからリジョンへ「薬物乱用防止教室」拡大への働きかけと当クラブ講師のレベルアップを図っております。

3R-1Z 横浜旭LC 会長 L山本 三行