献血・骨髄移植・社会福祉推進委員会報告

2016041001

 当委員会では、今年度の前期にセミナー事業(献血、骨髄移植)を、後期に地区年次大会に向けた準備作業と社会福祉推進事業を実施する計画でスタートいたしました。

 まず2015年10月22日、山梨県(ベルクラシック甲府)において、「赤十字血液センター合同献血推進会議」を実施。約90名の参加をいただき、山梨県赤十字血液センターと400ml献血の必要性について、議論討議が活発に行われました。

 次に2015年10月26日、神奈川県(神奈川県赤十字血液センター)において、同会議を実施。約180名の参加をいただき、神奈川県赤十字センターと献血バス1台につき50名〜60名の献血者の事前確保のお願いについて議論討議が活発に行われました。

 これら2点については、委員会と血液センターで継続討議を行い、今後も変わらず双方で協力して、献血奉仕活動を実施していく内容で各クラブに発信を行いました。

 また2015年12月15日、神奈川県・関内ホールにおいて「骨髄移植セミナー」を実施。約110名の参加をいただき、特に骨髄提供者と骨髄移植者、また骨髄移植に関わった家族の体験談に参加者一同、命の尊さを改めて噛みしめた感動のセミナーでした。

 現在、4月23日の第62回地区年次大会式典に向けて、神奈川県赤十字血液センターと協力して献血奉仕活動を実施する準備(事前アンケートにより献血者を確保)と献血・骨髄移植アワード受賞クラブの最終選考中であります。

 最後に、5月に昨年度献血アワードを受賞した富士吉田中央LCとの共同企画で合同献血奉仕活動を富士山の麓で行い、今期を総決算して次期新体制の委員会に繋げたいと考えています。今期、当委員会のメンバーとして一緒に汗を流してくれたライオンに感謝をし、活動報告に代えさせていただきます。

委員長 L稲葉 政信