半田龍夫L(横浜みなと馬車道LC)ご夫妻 5シーズン連続9人目のホストファミリー達成

「YCEは半田家の生き甲斐だ!!」、そう公言する半田龍夫L(YCE・国際関係委員会副委員長)は、2014年夏・冬・2015年春・夏・冬と連続5シーズン9人の来日生ホストファミリーを達成されました。

 半田Lご夫妻(特に半田L)は「YCEが楽しくて楽しくて…」と、いつもニコニコしながら委員会に出席されています。今期の始めに尾形慶三地区ガバナーが、半田Lだけが楽しいのではないかと、奥様のことを案じておられましたが、豈図らんや奥様もご一緒に?楽しんでおられるようです。これまで半田家に滞在した9名はもとより、そのお友達も含めてSNSで常に情報交換をして、互いの近況を確認し合っておられます。また、過去の来日生宅にも招かれたり、オセアルフォーラムや世界大会等で再会されたり、まさに330-B地区と世界の架け橋の一端を担っておられます。

minatobashamichi

 来日生の帰国時は涙のお別れが多いのですが、下の写真にもありますように、シンガポールから来日された Jasmin YAP Yi さんは、これからお付き合いが始まるという喜びの笑顔であります。短期間ながら、信頼関係が醸成されたことを物語っているのではないでしょうか。

 半田Lは、今年(2016年)の春と夏も、「勿論来日生を受け入れますし生涯続けたい」とおっしゃっており、委員会としては何とも頼もしく、330複合地区YCE委員会でも他地区に対して半田Lの存在はB地区の誇りであります。半田Lのこの記録をどこまで伸ばせるか、そして第2・第3の半田Lが登場するように、今年も委員会委員一同気を引き締めて、YCE活動に勇往邁進して参ります。

 330-B地区の皆様も、是非来日生の受入れをよろしくお願い申し上げます。きっと半田Lのように世界観が変わるものと確信しております。豈とはいえ半田みどり夫人のご苦労は、たやすく想像できるところであります。奥様いつもいつもありがとうございます。

YCE・国際関係委員会 委員長 L守田昌千代