厚木LC 結成50周年記念式典開催

s31302 s31301  厚木LCは3月5日(土)レンブラントホテル厚木において50周年記念式典を開催。1966年3月6日に平塚LCのスポンサーにより日本で1,030番目のクラブとして産声をあげた。 当時はE-E地区で52番目として48名のチャーターメンバーで結成され、多くのブラザークラブの支援でアイバンク・腎バンク・献血等多種多様な奉仕活動を展開してきた。記念式典は厳粛な雰囲気の中で行われ、来賓に小林常良厚木市長、衆議院議員の義家弘介文部科学副大臣、後藤祐一衆議院議員、県議会議員の皆様、ライオンズ関係は伏見 龍元国際理事、尾形慶三地区ガバナー等が出席、祝辞を述べた。

 石井 均会長は多くの出席者で盛大に開催できたことに感謝を述べ「この半世紀の間、歴代会長を始め会員各位のたゆまぬ努力と友情、志により会員相互の友愛を深めながら地域に根差した奉仕活動を多方面にわたり行って参りました。本日を新しい出発点として、半世紀後の100周年が輝かしい年になります事を心より切望し、尚一層の社会奉仕に努め地域の発展に貢献し、延いては世界平和と社会福祉の向上に資していきます」と決意を述べた。

 石塚 武実行委員長は「この50周年記念式典を契機として、ライオンズクラブの歴史と伝統を受け継ぎ、新たなる世代にと引き継いで地域への奉仕活動に邁進し、来たるべき80周年、100周年に向かってさらなる前進をする所存です」と述べた。記念事業は厚木市内4クラブ合同「イルカほのぼのチャリティコンサート」の開催、厚木市社会福祉協議会、市立南毛利中学校、睦合東中学校、NPO法人厚木ひまわりの会他、計8団体にアクティビティをした。

 祝宴は久津間康允元地区ガバナー、神田信男元地区ガバナーの乾杯の音頭で始まり、アトラクションに相模国飯山白龍太鼓保存会と飯山白龍の舞保存会の皆様が華を添え320余名の列席者を魅了した。

取材・撮影:PR情報 副委員長 L中井 弘明