地区の新春賀詞交歓会 今年は横浜で開催

160102p2_01

 1月19日(火)、330-B地区新春賀詞交歓会が、横浜ベイホテル東急B2Fホワイエにおいて1R〜13Rのメンバー総勢約350名出席の中、盛大に開催された。

 定刻の16時より鈴木直樹キャビネット筆頭副幹事が司会進行を務め、井出 孝第1副地区ガバナーによる開会のことばで本年の新春賀詞交歓会は花々しくスタートした。

 進行は国歌並びにライオンズヒム斉唱、キャビネット五役並びに元地区ガバナー紹介、尾形慶三地区ガバナーの挨拶へと続いた。登壇した尾形ガバナーは「なりたくてなったガバナーなので任期半分を折り返したもののまだまだ実行したいことが沢山ある。残り約5ヶ月間では時間が足りない」と意気盛んに話した。その後桜井孝一LCIFエリアコーディネーター(東日本)、安達成功前地区ガバナーそして中村泰久2016〜2018年度国際理事立候補者の挨拶があり、薬物乱用防止ゴールド認定証が10名のライオンへ、公認ガイディング・ライオン認証状は28名のライオンへと授与され鏡開きとなり酒宴へと進行した。

160102p2_02

 アトラクションでは相模原けやきLCのメンバーで歌手・折笠亜美Lの熱唱で宴は大いに盛り上がり、本年の新春賀詞交歓会は無事閉宴となった。

取材:PR情報委員 L田中  裕
撮影:PR情報委員長 L近野 照彦