年頭のご挨拶

ide 明けましておめでとうございます。

 今年は例年になく暖かいお正月でありました。ご家族そろって輝かしい2016年の新春をお迎えのことと存じます。

 昨年、皆様のご支援をいただき、第1副地区ガバナーに就任させていただきました。
現在もガバナーチームの一員として尾形ガバナーの下、自分自身の研鑽に努めております。
職責の重さにあらためて身の引き締まる思いがあります。年々変わって行く我々を取り巻く環境の激変、忘れてならないのは多様性に対する柔軟性であると考えております。

 さて、ライオンズクラブ国際協会はGMT、GLT、FWT、100周年記念、いずれもコーディネーターは3年任期であり、長期計画にわたる行動の重要性を求めております。従いましてキャビネットはガバナーチームのコミュニケーションが必要不可欠であると考えます。

 又私は330-B地区浮上の為には、各クラブでクラブ会長チームを立ち上げていただくことにより、協調力をレベルアップすることであると基本的に考えております。そしてチームで討議された中長期の計画に対して、実行方法・検証方法の確立が必要であり、継続性も重要であると思います。クラブが向上してゆけば、まさに330-B地区全体の浮上に繋がってゆきます。未来の為に自分達は何ができるか、老、壮、青のメンバーが参加できるアクションを真剣に考えるべきであり、提案してまいりたいと思います。

 今年も問題点を1つ1つ確認しながら自分らしく歩んでゆこうと考えております。
結びに、皆様にとって良い一年になりますようご祈念申し上げご挨拶とさせていただきます。

第1副地区ガバナー L井出 孝