横浜市立富士見台小学校で薬物乱用防止教室を開催!

2015121601

 私たち、横浜保土ヶ谷LCは10月16日(金) 横浜市立富士見台小学校(横浜市保土ヶ谷区岩井町307)で「薬物乱用防止教室」を開催しました。

2015121602

 これは、ご承知の通り麻薬などの違法薬物の怖さを子供たちに知ってもらい、被害に遭わない事を目的にしたもので、2006年2月から地元保土ヶ谷区内の小・中学校で継続的に開催しています。

2015121604

 当クラブは7名の薬物乱用防止教育認定講師の資格を有するメンバーがおり、この日も6年生92名の3クラスに対し、メンバーは講師役3名、講座が円滑に進むための補助役6名と役割分担し務めました。

2015121603

 まず、薬物の種類、脳への影響、依存性の高さや具体的な障害などをDVD『No.48愛する自分を大切に!』の映像やサンプル標本などを示しながら解説を行い、子供たちも真剣な表情で講師の話に耳を傾け、児童グループのディスカッションとその纏め発表の時間も交え、55分間の講座となりました。「違法薬物がいけないものなのは分かっているのに、なぜ世の中からなくならないのか?」また、「世界中で違法薬物を作る人は悪いものと知っているのに、なぜ作り続けるのか?」など、本質を突くような児童の素朴な疑問・質問にも講師は丁寧に答えていました。最後に「薬物は意外と身近な所にある。一度でも手を出し身体に取り入れたら、その影響は一生続く…」という事を熱意をもって伝え、児童からも「具体的でとても分かりやすかった」「将来の自分の為にも友達の為にも絶対に薬物を使わない!」という感想を沢山いただきました。

3R-1Z 横浜保土ヶ谷LC 会長 L池松 忠彦