3Rガバナー公式訪問 合同例会・小会議

th_th_3R1001

 9月8日(火)新横浜国際ホテルにおいて3Rガバナー公式訪問合同例会・小会議が盛会に開催された。今日が7回目の公式訪問にあたる。公式訪問合同例会に先立って、尾形慶三地区ガバナー並びに地区役員、3R内15クラブの3役が参加のもと、1・2Zは12時45分、3・4Zは15時30分から小会議はスタートした。

th_3R1002

 小会議の前に尾形ガバナーは「充実したアクティビティをしてください。仲間、メンバーを大切にしてください。会員数はあまり気にしなくても結構です。20人以下のクラブでもボランティアで汗を流し、仲間と楽しい飲食をすることに変わりはありません。小会議において「人数が少ないクラブ」「弱小クラブ」とは絶対に言わないこと。良いところを強調し前向きな発言をしてください」と挨拶した。

 小会議では各クラブの質問回答書をもとに、各クラブ3役と対話型式で進行された。尾形ガバナーは会員数の少ないクラブでも継続年数が長いアクティビティを具体的に取り上げたり、献血活動などに熱を入れて話した。周年行事があるクラブ、地域交流の盛んなクラブなど特徴ある報告等がなされた。

 あるクラブ幹事が7・8年間退会者もなく楽しいクラブ運営を行っていると回答すると、尾形ガバナーは「このようなクラブこそ良い下地を持っており、新しい会員はそういう環境で育つ、その仲間と共に奉仕活動に励んで欲しい」と会員増強にも期待をつなげた。また会員増強策を発表する頼もしいクラブ報告もある中、時間内で小会議は終了した。

th_th_3R1003

 18時からの合同例会では、物故ライオンへ黙祷を捧げ、第1部セレモニーが始まった。尾形ガバナー並びに地区役員の紹介、各ゾーン幹事により参加クラブが紹介され、石川正治3RCは「今日が公式訪問の折り返しと聞き、お疲れのことと推測しておりましたが、小会議では「尾形絶好調」と5回位述べ、尾形ガバナーの熱意を実感すると同時に情熱に圧倒され、「俺が頑張らなきゃ」と寝言を言っていたと妻に聞かされ、夢の中で“おがた、オガタ”とつぶやいていたと思います。それほどガバナーを慕っていると理解していただき、尾形ガバナーの下頑張って参りますのでご指導お願いします」と歓迎の挨拶をした。尾形ガバナー挨拶では金子憲男・牧田健一元地区ガバナーに敬意を表し、ガバナーテーマソング「糸」(クリスハート)を説明した。「愛の強さを歌う♪縦の糸はあなた 横の糸は私♪」はメンバー同志が奉仕という縦の糸で結ばれ、横の糸は人を暖かく幸せにする、そんな奉仕活動を行ってほしいと願いを込めた。私の好きなメルビン・ジョーンズの言葉に「私が求めていた星は奉仕の先にあった」とある。友情を深めながら奉仕の中から真心・やりがい・活気あるライオンズクラブを目指してほしい」と結び会場から大きな拍手が送られた。

th_th_3R1004

 井出 孝第1副地区ガバナーに挨拶をいただき、式次第も進み、尾形ガバナーよりクラブ3役、新入会員、スポンサー、LCIF献金者等には記念品贈呈セレモニーが行われた。新入会員への記念品贈呈では尾形ガバナーが自ら降壇し、壇上の会員に記念品を贈呈した姿に感動を覚えた。そんな雰囲気のなか第1部が終了した。

 第2部ではご来賓の金子元ガバナーが会場の雰囲気を感じ、ただ一言「3Rの皆様は「とげのないバラ」(スマイル誌7・8月号参照)になってください」と挨拶した。

 乾杯の前に濵田 徹第2副地区ガバナーが就任の経緯を述べ、「ウィ・サーブ」の発声のもと懇親会に入った。

 尾形ガバナーは各テーブルを回り記念撮影や労をねぎらう乾杯(ガバナーは禁酒中)をし和やかなうちにガバナー公式訪問は幕を閉じた。

取材:PR情報委員 L清水 正男
撮影: PR情報 副委員長 L中井 弘明