尾形慶三ガバナー公式訪問合同例会・小会議4リジョンからスタート!!

th_DSC_0596

 8月24日(月)川崎日航ホテルにおいて尾形慶三第51代地区ガバナー公式訪問合同例会・歓迎夕食会が開催された。

 合同例会開会に先立ち、クリス・ハート「糸」の曲にのせて尾形ガバナーを始めとする地区役員の皆様が入場すると、会場内は4R内13クラブメンバーの大きな歓迎の拍手に包まれた。

th_DSC_0623 石田真一4RCのガバナー歓迎の挨拶、つづいて尾形ガバナー挨拶は、前地区ガバナーである安達成功Lへの感謝と労をねぎらう言葉で始まり、続いて山田實紘国際会長の掲げる国際テーマをわかりやすくメンバーへ説明され、山田国際会長のシンボルマークであるアネハヅルについては、互いの協力とチームワーク、家族の絆と調和の象徴であり、平和への希望や決意を持って奉仕へつなぐ【命の尊厳と和】の核心であると述べた。また自身については「改革と刷新」が任務であり、特にリテンションと薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」に注力していただきたいと述べた。クラブ運営では誠心誠意メンバーと向き合い、良いクラブ運営を行い、更に入会し易い環境を整える事がクラブの活性化に繋がると参加メンバーにアドバイスをした。

th_DSC_0612

th_DSC_0620th_DSC_0634

 第2部歓迎夕食会では7月30日の特別会議にて信任された濵田 徹第2副地区ガバナーの開宴の言葉に始まり、続いて挨拶に立った石橋隆志4R-1ZCは「尾形ガバナーが挨拶の中でよくお話されるコンセンサスが今回のガバナー公式訪問を通じて図れたと思う。これからも地域社会の皆様やクラブ間、メンバー間のコンセンサスを大切に誠心・誠意、誇りと情熱を持って活動を行っていきたい」と述べた。また附田徳志4R-2ZCは「論より即行動を運営テーマに掲げ、同じ目標に向かって共に活動し汗を流す事が固い絆を育むと考え2Z内7クラブのメンバー皆様と奉仕活動を行っていきたい。奉仕活動を行える事に感謝しつつ、尾形ガバナーを精一杯応援させていただきます」とエールを送った。今回の合同例会全体を通じて、セレモニーでは尾形ガバナー・会長相互の記念品贈呈やMJF献金者紹介並びにLCIF目録贈呈、更には新入会員並びにスポンサー紹介等が厳かに行われた。和やかなムードの中で、地区役員の皆様や他クラブのメンバー同士が交流を図る姿があちらこちらに見られ、それぞれが有意義な時間を過ごした。

th_DSC_0614

th_DSC_0621

  PR情報委員会