韮崎クラブ 薬物乱用防止教室開催 450名参加

nira20150901

 7月9日(木)13時40分より、韮崎市立韮崎西中学校体育館に生徒398名、教職員関係者を含め450余名の参加者のもと、韮崎LC青少年委員会は薬物乱用防止教室を開催いたしました。

 近年芸能界等有名人の覚せい剤やMDMAによる事犯など、痛ましい覚せい剤汚染の現状がメディアに取り上げられており、私達の地域でも身近な問題となってまいりました。

 そのため若者や子供たちを覚せい剤や薬物(脱法ハーブ)などの乱用から守ってあげたいとする意識が一層高まってきていることは事実であります。

 この罠から解決の方途を考えると、学校及び地域社会が一体となって正しい知識を身につけて、歪んだ考えをもたないよう、薬物乱用防止教育を効果的に行っていくことが最も重要な課題と考え、青少年の健全育成事業の一環として、当委員会が活動の強化に取り組んでいるところであります。

 山梨県薬物乱用防止指導者桝形昭平Lにより、薬物乱用を一度でも行うと止められなくなり、身も心もダメになる。しかし薬物に対する正しい知識を持ち、どんな誘惑にも断る勇気を持つこと、そして危険薬物には絶対手を出してはいけない強い心を持つことが大切であると、心のこもった教室が開催されました。

韮崎LC.PR情報委員長 L藤原 英喜
撮影:韮崎LC.PR情報副委員長 L小川 龍馬