献血・骨髄ドナー登録、豪雨災害募金活動を実施 横須賀みかさライオンズクラブ

7月18日(土)横須賀中央駅前。まだ、梅雨も明けず雨の日が続いており、この日も時折強く雨が降る天候でしたが、コロナ禍で献血者も少なくなっているということでしたので、コロナ感染拡大防止に努めながら献血奉仕並びに骨髄ドナー登録会を予定通り開催しました。

当クラブでは、毎回献血者に粗品をお渡しするとともに、LINE@にお友だち追加していただくようにしております。お友だち追加していただいた方に次回の献血が近づいたらご案内して来場を促しております。また、Facebookでもご案内して、少しでも来場者を増やそうと工夫しています。そのおかげもあり、あの悪天候の中でも予想以上にご来場いただきました。

また、当クラブではほとんどのメンバーが骨髄ドナー登録説明員資格を保持しており、献血の際は骨髄移植を考える会の方々の協力をいただきながら骨髄ドナー登録説明会を開催し、毎回数名~十数名の登録をいただいております。

今回は、九州をはじめとする各地で豪雨災害が発生したことを受け、急遽募金活動を併せて行うことを決め、通行されている方々に呼びかけを行い、多くの方にご協力をいただきました。

コロナの終息が見えない状況ではありますが、感染拡大防止に努めながら、継続事業としてこれからも献血・骨髄ドナー登録会を開催してまいりたいと思います。

9R-1Z 横須賀みかさライオンズクラブ 幹事 L望月 恵子

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。