地区ガバナー就任のご挨拶

皆様のご支援で330-B地区ガバナーに就任いたしました。 感謝申し上げます。

330-B地区隆盛のために粉骨砕身の精神で頑張ります。

国際大会も年次大会式典も中止になってしまった中で、2020年6月10日、横浜ロイヤルパークホテルにおいて「ガバナー・キー」の引継ぎ及び宣誓式が行われ、330-B地区第56代ガバナーに就任いたしました藤沢中央ライオンズクラブ所属の吉本晴夫です。

現在、新型コロナウイルスが世界中に猛威を振るい、これまでに経験したことのない国難に際し、各クラブや地区の活動がほとんど停止しており、メンバーも心理的にも経済的にも厳しい状況下ではありますが、こういうピンチの時こそ変革をできるチャンスと捉えて、前に進んでいくつもりです。

さらにメンバーの安全と健康を最優先にして運営を行っていきたいと思います。

2020年シンガポールでの国際大会が中止となり、前期に引き続き、「ジュンヨル・チョイL(韓国・釜山ライオンズクラブ)」が2年目の会長となり、テーマも「We Serve(われわれは奉仕する)」で、メッセージは「思いやりと多様性で結束する」であります。

私のガバナーテーマは「思いやりと気配りでWe Serve」、サブテーマは〜一歩前へ進もう・絆の奉仕〜とし、まさにこのように世界的にコロナウィルスの影響下にある時にふさわしいテーマといたしました。どんな状況でもこの強い心を持って対処いたします。

そして今期は女性メンバーを多く登用いたしました。いずれ330-B地区より女性ガバナーを選出できますように、これからも環境整備をしていくつもりです。

組織のあり方についても委員会の数を見直し、さらに委員の出向者数も減らして各ABCDブロックから1名の出向として、各委員会は委員長1名、副委員長4名、委員4名の原則9名体制にしました。

さらに、年次大会の議案で代議員会の投票による決議で承認された予算の配分につきましても、正会員400円、家族会員100円の値下げを行います。また、前期よりの繰越金が支出予定よりも多くあったので、拠出金を見直して予算配分を行い、各リジョン、各ゾーンへの交付金の増額をいたしました。

セミナーの開催についても、その方法、時期、回数、参加者等について検討していく所存です。

最後に、かならず夜明けは来る、あの明るい世界を目指してメンバーの皆様と心を一つにしてこの難局に立ち向かっていく覚悟です。

より一層のご支援、ご協力をお願いいたしまして、地区ガバナー就任の挨拶といたします。

ライオンズクラブ国際協会330-B地区(神奈川県・山梨県・伊豆大島)
2020〜2021年 第56代地区ガバナー
L吉 本 晴 夫

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。