コロナに負けるな!横浜・港南台駅周辺清掃活動 横浜港南台ライオンズクラブ

新型コロナウイルス感染予防、オンライン理事会開催!

3月21日(土)横浜港南台ライオンズクラブのアクティビティのひとつとして、春秋に年2回行われている港南台駅周辺の清掃奉仕を行いました。

新型コロナウイルス感染防止緊急事態宣言前にメンバーが集まり、ごみ拾いは、せんざん港南台店からスタートし港南台駅周辺を行いました。

当クラブメンバー14人が数グループに分かれて1時間程ゴミ拾いを行いました。

今回、目立ったのは空き缶のポイ捨て、お菓子のビニールゴミが植え込みに散乱していました。

ゴミは45リットルの袋で8袋を集めました。

横浜港南台ライオンズクラブは5月20日(水)に新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の中、感染予防としてオンライン理事会を開催いたしました。

3月後半より理事会・例会の自粛による開催中止が続き、暫く顔を合わすことができなかったメンバー達がオンライン会議の画面に映るとメンバー同士が久しぶりに言葉を交わし大いに盛り上がりました。

理事会では、今年度6月末までの活動スケジュールの再調整と来期のアクティビティ確認を行いました。自粛ムードが続く中でも個々ができる範囲で奉仕活動の報告を情報共有します。

今回、テレビ会議でありながら通常の理事会と同様に行えたことはメンバーの熱意に他ならないと感じさせられました。

緊急事態宣言が解除された5月25日以降も、当クラブは感染予防に取り組みながら、メンバー同士が知恵と力を合わせ、より一層奉仕活動に取り組んで参ります。

2R-1Z 横浜港南台ライオンズクラブ 会長 L小川 健治

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。