【委員会報告】FWT委員会

○ガバナー諮問事項について

1.〈奉仕活動〉
GST委員会が取り組む5つの重点奉仕分野を中心に女性会員や家族会員が活躍できる奉仕活動の検討。
GST委員会と合同で、小児がん支援をメインに『子供たちの未来のために〜今、私たちにできること〜』をテーマとし、3月5日(木)に横浜開港記念会館においてライオンズクブ会員及び一般の方、併せて200名程のセミナーを開く予定で活動していました。
当日は、 メイン講師として小川晶子FWTチーフに講演いただく予定でした。また小児がん支援の講師は「がんの子どもを守る会」にご依頼をお願いしておりました。このセミナーに参加し共感していただけた方々、主に女性の方々に今後子どもたちへの支援活動を広めていただくこと、そしてライオンズクラブにご興味を持っていただき入会していただくことも目的としていましたが、残念ながら新型コロナウイルス感染拡大の影響で、中止にいたしました。

2.〈会員増強〉
◦地区内女性会員数を850名まで増員
◦スペシャルティクラブのモデルケースを検討
期首 女性会員632名 4月現在647名 15名増員でしたが850に届かずの状況です。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で活動できずということもありましたが、女性会員増強をFWT委員会で活動するにはB地区ではハードルが高いと感じております。
次年度に向けた考慮事案と感じました。

3.〈指導力育成〉
◦GLTが取り組む研修会への積極的参加
◦GSTが取り組む「アクティビティ訪問のすゝめ」に積極的参加
こちらについては全く取り組めず終えております。

○2019〜2020今期のメイン活動
◦女性会員増強
◦3月5日(木) FWTセミナー開催
◦子どもたちへの支援
FWTアクティビティ冊子の作成、配布

○2月17日(月)に行われた「全日本FWTセミナー」に、 B地区FWT委員会として参加
新宿の山野ホールにて各複合地区より国際理事・元国際理事を含む700名程のライオンズメンバーが出席され、女性の活躍・リーダーシップ・FWTで取り組んでいるアクティビティ等について講演がありました。
第1部の特別公演「今を生きる輝く女性たち〜チームワーク・リーダーシップ・自己研鑽の視点から〜」では、ノンフィクション作家の小松成美様による講演。
第2部では各複合地区コーディネーターによるパネルディスカッション。ゲストコメンテーターとして、タレントの石田純一氏が登壇され、FWTの5年間の歩みと今後の女性活躍の必要性等について活発に意見交換。
第3部では、内閣府・子供の貧困対策参事官により、子どもを取り巻く環境や貧困の状況について。そして(株)グローウィング・堀江代表より、がん治療中の子どもへのヘアードネーションの必要性。長澤千鶴子GATエリアリーダーより、今後も「FWTは、 We serveの思いを大切にして、優れた奉仕活動をして行きながら、女性リーダーの育成をしていく」とのお言葉もいただきました。
FWTの5年間の取り組みがあってこその今だということを実感し、改めて女性会員増強の必要性を感じたセミナーでした。

○今期反省点
今期FWT委員会では、3月5日に行われる予定だったセミナーとFWTが取り組んできたアクティビティ(ヘアードネーション・古本回収・中古めがね回収・子ども食堂)についての冊子作成を二本柱に取り組んできました。 焦点を後期に持ってきていたため、コロナウイルス感染拡大の影響でセミナーを中止せざるを得ない状況になり残念でした。FWTアクティビティ冊子は各クラブに6月中にPDFでお配りできるように只今取り組んでおります。
FWTアクティビティ冊子により地域に必要とされている子ども支援が沢山あることをご理解いただき、各クラブで取り組んでいただけるきっかけになりましたらありがたいと思います。
会員増強については、GMT委員会の取り組みとの違いをどうやって活動していくのか、また、FWT委員会だけで何ができるのか、 非常に悩ましいです。
今後、女性会員増強をFWT委員会で維持するか否かも含めて、検討事項だと思います。
会員増強も含め反省点は多々ありますが、統括副委員長、副委員長、委員の方々に恵まれ助けていただいた1年でした。
ありがとうございました。

FWT委員会委員長 L佐藤 芳織
発信:地区ニュース委員会