【委員会報告】GST委員会

1. 委員会開催数
GST委員会単独で6回、FWT委員会と共同で2回、社会福祉・健康増進委員会と共同で2回開催しました。

2. 糖尿病セミナー
社会福祉・健康増進委員会と共同で「心とからだの健康セミナー」を開催、横浜会場179名(ノンライオン10名を含む)、山梨会場80名(ノンライオン11名を含む)の参加をいただきました。

3. 小児がんセミナー
FWT委員会と「子供たちの未来のために」共同開催を企画(3月5日)するも、新型コロナウイルスの影響で中止となりました。

4. ライオンアカウントの取得推進
マーケティング・コミュニケーション委員会と共同で、ゾーン・チェアパーソンおよび各クラブメンバーに取得の推進をしたが、残念ながら思うような結果が得られませんでした。

5. MyLionへのアクティビティ報告
マーケティング・コミュニケーション委員会と共同で、各クラブに直接働きかけをすると同時に、ゾーン・チェアパーソンから各クラブに推進していただきましたが、実行されているクラブが84クラブとの結果に終わりました。(6月4日現在)

6. アクティビティ訪問のすゝめ
330-B地区ホームページ上に、他クラブのアクティビティに自由に参加できる仕組みとして「アクティビティ訪問のすゝめ」を作成。マーケティング・コミュニケーション委員会に参加可能なアクティビティおよび参加登録フォームを依頼しましたが、完成まで時間がかかり、さらに新型コロナウイルスの影響で非常に残念でしたが思うような成果が得られませんでした。

7. ステイホームだからこそできるアクティビティを 現在推進中。
今期のGST委員会の活動を振り返り、期の後半は新型コロナウイルスの影響で満足な委員会活動ができず、全てにおいて中途半端に終わることとなりました。

その中で「アクティビティ訪問のすゝめ」の試みはクラブおよびメンバー個人のモチベーションの活性化と、奉仕活動の新たな喜びの発見等があり、非常に大事な活動だと思います。残念ながら今期では多くの成果が得られませんでしたが、今後も継続できればと思います。

1年間の委員会活動を通じ、当委員会の副委員長および委員の方々には、委員会の出席やセミナーへの参加等かなり無理なお願いをいたしましたが、非常に協力的に対応していただき心より感謝申し上げます。今後もライオンズクラブのメンバーとして、微力ながら奉仕活動に参加してまいります。1年間ありがとうございました。

GST委員会委員長 L斎藤 良治
発信:地区ニュース委員会