【委員会報告】GMT委員会

第1回委員会 (2019年8月20日開催)
1.ガバナーボードポリシーについて。
◦ガバナー ボードポリシー
◦リテンション(会員維持) 退会者5%減
◦奉仕を起点としたクラブづくり
支部結成模索(キャンパス支部)
目標:支部結成3支部
取り組む奉仕活動に必要な人材の招請
スペシャルティクラブ結成模索(キャンパスクラブ等)
◦女性会員増強 850名
◦会員純増 100名
◦懸念事項
◦現在155クラブ中、メンバーが20人以下のクラブが49クラブ、全体の31.6%存在する。単一クラブの規模が縮小傾向にある今、リジョン・ゾーンの見直しが必要か?

2.委員会の進め方について。(現勢確認含む)

3.意見交換

第2回委員会 (2019年10月7日開催)
1.前回委員会の確認。(現勢確認含む)
2.意見交換
3.委員長提案
・ガバナーボードポリシー実現を目指し具体的な行動指針策定のためのマトリクスを提案。

第3回委員会 (2019年11月18日)
1.前回委員会の確認。(現勢確認含む)
2.行動指針(マトリクス)をもとに意見交換。
第4回委員会 (2020年2月12日開催)
1.前回委員会の確認。(現勢確認含む)
2.行動指針(マトリクス)について意見交換
3.今後の活動について。
◦行動指針を各クラブにおいて議論・作成を推進してもらうため、各ゾーン毎に開かれる諮問委員会にGMT委員会のメンバーが出席し、会員増強のお願いと共に行動指針の説明を行う。

その他
◦2019年11月27日(水)13R-2Zの諮問委員会において、地区の現勢について、また、会員増強のお願い等をさせていただいた。
◦2020年2月19日(水)9R-1Z横須賀ライオンズクラブと横須賀中央ライオンズクラブ合同例会において、地区の現勢について、また、会員増強のお願い等をさせていただいた。
以降、新型コロナウイルスのため活動自粛。

まとめ
今期山本直正地区ガバナーがGMTに対し重要視されたのは、会員増強においても会員維持においても、ボードポリシーに書かれていた「多くの会員がライオンズクラブの魅力を再認識すること」だったのではないかと思います。委員会に置いてもそのための議論を中心に行いました。そこから生まれたのが「行動指針」であります。残念ながら実施までは至りませんでしたが、このテーマはこれからも我々の行動の基盤としていくべきテーマであると考えます。

GMT委員会委員長 L中澤 一浩
発信:地区ニュース委員会