第8回啓翁桜交流会を盛大に開催

「桜が結ぶ横浜市と米沢市」と銘打って、第8回啓翁桜交流会式典が2月1日(土)11時30分より中区大通公園内植樹会場にて米沢市主催で行われた。

主催者を代表して米沢市長・中川 勝様から、雪国なのに一向に雪が降らず、夏の水不足と作物に被害が及ばないことを危惧している旨の話があった。続いてライオンズクラブを代表して、山本直正地区ガバナーより「花を見て怒る人はいない。心を和ませてくれる花をアクティビティとして公園に植樹した。今まで以上に大勢の方々に集まっていただけるイベントにしていきたい」との挨拶のあと、横浜市中区長・竹前 大様より「オリンピックでは横浜スタジアムで野球・ソフトボールの試合が開催され、道路混雑等が予想されます。皆様のご協力をお願いします」との挨拶をいただき、式典を終了した。

その後、場所を中華街・中華料理富筵(桐山梨恵子1RC)に移して、米沢の芋煮や玉こんにゃく等と地酒、中華を食し大いに盛り上がり終了した。

始まりは1R-1Zの統一奉仕の一環で平成24年10月に米沢市役所を介して5本の啓翁桜を植樹。平成25年2月より米沢市の提案で桜交流会を開催し、今年で8回目となった。参加者は1R-1Zから32名、竹前区長、市会議員の方々など米沢市から16名、332-E地区米沢松川ライオンズクラブより4名にご参加いただいた。

取材・撮影:地区ニュース副委員長 L近野 照彦(米沢市観光大使)

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。