第3回RC・ZC・委員長会議報告

1月31日(金)第3回RC・ZC・委員長会議が、横浜市技能文化会館8階大研修室において開催された。山本直正地区ガバナーの挨拶の後、井出渉キャビネット幹事の進行により議事へと移った。

審議事項は(1)第3回キャビネット会議審議議案について。
<第1号議案>2019~2020年度上半期地区会計報告承認の件については、例年通り承認を求める議案が出される。
<第2号議案>第66回地区年次大会代議員会における議案の件について。(議案1)2018~2019年度地区会計年次決算報告承認の件、及び(議案2)2020~2021年度の地区年次大会を藤沢市で開催することの承認を求める、については例年通りであるが、変わったのは(議案3)「2020~2021年度拠出金」承認の件。拠出金の配分を見直し、総額で減額となるようにする(別表参照)。今期通常会費一人当たり¥16,500を次期¥16,100に、同じく2人目以降家族会員一人当たり¥7,350を¥7,250にさせていただき、通常会費は400円、2人目以降家族会員は100円の減額となる。このことについて構成員から活発な意見が出されたが、「減少傾向にあるメンバーを少しでも増やしたいというガバナーチームとしての共通の思いをご理解いただきたい」と説明された。

次に(2)報告事項について、井田キャビネット幹事から、1.地区年次大会代議員会委員会・分科会構成について、2.シンガポール国際大会関連、3.国際会費調整案について、4.チェアパーソン年次報告について、5.「2020 OSEALウォーカソン」に参加協力のお願い、について説明があった。

以上で議事は終了し、次にシンポジウムが行われた。

(1)LCIFキャンペーン100達成に向けて、について櫻井貴裕LCIFキャンペーン100地区コーディネーターから「全メンバーに100ドルお願いしたい」と熱く語られた。

(2)GATパネルディスカッション≪会員減少時代の会員増強を考える≫について、尾立孝司GLT地区コーディネーター、中澤一浩GMT地区コーディネーター、斉藤良治GST地区コーディネーター、佐藤芳織FWT地区コーディネーター、鈴木泰堂FWT地区副コーディネーターの5名に井田キャビネット幹事が進行役を務め、それぞれの立場から意見を語られ、またチェアパーソンからの貴重な意見もあった。

最後に山本ガバナーは、「奉仕を通して思いやり社会をつくるということを大義名分にしてきたが、そう考えれば会員増強を進めやすく、増やしやすい。また、こういう良いことをライオンズはやっていると分かりやすく図などで説明することも勧誘してゆく上で大事なこと」と結ばれた。終わりに、亀井真司第2副地区ガバナーの閉会の言葉があり、散会となった。

取材:地区ニュース委員長 L河西  久

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。