「アジアいちご基金チャリティ寄席」へ寄付  横浜港南台ライオンズクラブ

横浜港南台ライオンズクラブは10月26日(土)、横浜にぎわい座で開催されたチャリティ寄席に出席し、子どもたちのために役立てていただけるよう金一封を寄付した。

チャリティ寄席の主催は「アジアいちご基金」。タイ国チェンマイ市郊外の農村で、山岳民族の子どもたちの世話をするサーンファン・サンティパープ財団の支援のため行っている。

なお同日、アジアいちご基金から同クラブへ感謝状が授与された。
同クラブは同基金の趣旨に賛同し、毎年寄付を続けている。

横浜港南台ライオンズクラブ 幹事 L重富 雅行

発行:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。