ライオンズクラブ・オール山梨親善チャリティーゴルフ大会

冬型の気圧配置が被い始め、八ヶ岳颪も吹き始めた12月3日(火)県北の韮崎市「ⅭⅭグリーンバレイ」で開催された。

ホストクラブは、オール山梨代表世話人高山政宏10RⅭを輩出している、「甲府若葉ライオンズクラブ」寒い早朝よりご苦労様でした。競技は新ぺリア、参加メンバーは121名、34組がOUT・INを7時30分に同時スタート、コースは開業47年の山岳コースだが、ホール間のインターバルで調整されて打ち下しは3ボールのみで、山梨基準では準フラットと言える?はるばる神奈川からエントリーされた、山本直正地区ガバナー、亀井真司第2副地区ガバナー、井田 渉キャビネット幹事の方々には「緑の谷」から吹き上げる風と、周辺の地形とマッチしないグリーン、ご苦労様でした。

表彰式は、鶴田一郎副代表の挨拶で始まり、高山世話人代表から参加者への謝辞があり。次に、石原英司前地区ガバナー・名誉顧問、山本ガバナーの祝辞に続いて、チャリティー救助金が(公財)山梨アイバンク・(公財)山梨臓器移植推進財団に贈呈された。成績は男子の部はNET68.8で柳本日出男L(韮崎ライオンズクラブ)が、女子の部はNET71.4で諸角輝美L(上野原ライオンズクラブ)が優勝した。

取材・撮影:地区ニュース委員 L篠原 秀彦

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。