山本地区ガバナー 福田紀彦川崎市長を表敬訪問

11月19日(火)川崎市役所第3庁舎にて、川崎市長の福田紀彦様を表敬訪問した。

山本直正地区ガバナーは『奉仕ファースト』の理念や取り組みについての話と来年春にカルッツかわさきで開催される地区年次大会の出席及び協力のお願いをされ、終始和やかな雰囲気で会談された。

福田市長より「政令市である川崎市は、他の市町村に良い影響を与えるという役割を果たさなければならない。ライオンズクラブの皆さまも社会的に影響力を持つ方々が所属されているので、メンバーの皆様の力を結集すれば山本ガバナーが提唱する『思いやり社会』の実現も可能ではないか。前向きな取り組みとともに、一年間の活動の中で素晴らしいレガシーを打ち立てられることを祈念します。」とのお話をいただき、地区年次大会における障害者スポーツ支援についてのヒントもいただくことができた。

福田市長が提唱する、多様な市民が共生する社会は、ライオンズクラブが重要視しているダイバーシティと同じ理念に根ざしており、今後益々行政との連携、そして、行政の力が及ばない部分の奉仕活動をライオンズクラブが担うことの必要性について強く感じさせられる表敬訪問となった。

記事:キャビネット幹事 L井田 渉

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。