統一奉仕デー 秦野ライオンズクラブ「駅をみんなでピカピカ運動」

10月6日(日)秋風が心地よく感じられる朝、秦野ライオンズクラブは統一奉仕デーの活動として、秦野市の中心に位置する小田急線秦野駅で13年間続いている「駅をみんなでピカピカ運動」を開催いたしました。

秦野市では1週間前に、1948年より開催され今年で72回目となる「秦野たばこ祭り」が行われ、市内外から35万人弱のお客様を迎えました。

午前7時、村上公和会長挨拶のあと吉本晴夫第1副地区ガバナーよりご挨拶をいただき、清掃作業を開始。

当日は秦野市役所職員の方々をはじめとし、本町中学校、南中学校、南ヶ丘中学校や秦野総合高校の学生など約60名のご協力のもと、当駅を利用される乗降客の皆さんが気持ちよくご利用いただけるように、当クラブメンバーは北口と南口の駅周辺の清掃活動を入念に行いました。

6R-2Z 秦野ライオンズクラブ 幹事 L安本 麻美

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。