統一奉仕デー 南足柄ライオンズクラブ 草刈り清掃活動

南足柄ライオンズクラブ(30名)は、10月6日(日)ライオンズ統一奉仕デーの活動として、天皇皇后両陛下(平成当時)お手植え会場周辺の草刈り清掃を行いました。今年は21名の参加者が集まり、協力して作業に取り組みました。

ライオンズメンバーの他に、南足柄ボランティア協会、南足柄市商工観光課、緑の少年団、(株)アグサの方々も奉仕活動に参加していただき、みんなで汗を流しました。
お手植え会場は、平成22年5月23日(日)第61回全国植樹祭が南足柄市足柄森林公園にて開催され、当時の天皇陛下がケヤキ・スギ(無花粉)・クヌギを、皇后陛下がヤマザクラ・イロハモミジ・シラカシを、それぞれお手植えなされました。

あれから9年の月日が流れ、木々の背丈も3mを超える高さに成長しました。毎年会場周辺の草刈り清掃を行っておりますが、今年は特に草も元気よく成長し手に負えないような状態でした。

各団体の皆様、ライオンズメンバーがワンチームになり、3時間という短い奉仕活動でしたが見違えるようにきれいになりました。これからお手植えなされた木々は、きれいな紅葉を迎えます。

ぜひお近くを通りの際には、お立ち寄りいただければ幸いと存じます。

最後に、一生懸命に汗を流してくださった参加者の皆様への感謝の気持ちと、ライオンズクラブの奉仕精神への誇りを感じずにはいられなかった1日でした。

6R-2Z 南足柄ライオンズクラブ 会長 遠藤 達人

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。