5リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

9月30日(月)、川崎市中原区のホテル精養軒にて5Rのガバナー公式訪問が開催された。小会議では1Zの4クラブ、2Zの6クラブにわかれ、1時間強にわたりガバナー、キャビネット役員、クラブ3役がワークショップを行った。

冒頭山本直正地区ガバナーから、「本日は1.他クラブのアクティビティ訪問のすすめ、2.スペシャルティクラブをつくりましょう。劇的な変化は望まないが、少しずつ変化するライオンズクラブにしたい」との挨拶・提案があった。

その後、井田 渉キャビネット幹事が推進役となりワークショップは進んだ。

1については、他クラブのアクティビティへ積極的に出向いて自クラブにない何か新しいものを取り入れていこう。また、SNS・フェイスブックの利用を進める。キャビネットカレンダーにもアクティビティを追加していく。メンバー同士の情報交換、一般の方へのPRにつなげたい旨の提案があった。この提案には各クラブから異論はなかった。

2については、各ゾーンに職業・趣味・ライフステージ・文化等の共通点で結ばれたスペシャルティクラブを結成できないだろうか。たとえば、厚木マルベリーライオンズクラブからレスキュークラブが近隣にはある旨の提案があった。この提案には、理解はできるが自クラブの運営充実がまず大事である等の意見が強かった。

続いて、各クラブの現状発表があり、活発な意見交換が交わされた。

1Z・2Z合同例会では松原成文5RCのガバナー歓迎の言葉の後、山本ガバナーからジュンヨル・チョイ国際会長のメッセージがオーバーヘッドで映され、『あなたの奉仕にダイバーシティ(多様性)を』の概念が放映された。その後、山本ガバナーの『奉仕ファースト』~対話と創造~についてパワーポイントを使用して説明があった。その中で話された「良心を他人に与える。受けた人はまた誰かに良心を与える。その良心はいつか自分に帰って来る。」「奉仕は巡る」という考えは国際会長と一致しており、誰もが共感できるものであった。

そして、お待ちかねのガバナー歓迎パーティとなった。EMIダンスチーム、ぴろきさんのウクレレ漫談をはさみ、食事と歓談を楽しみ、最後には参加150名での「また会う日まで」合唱の後、ガバナー・キャビネット役員を拍手でお送りしてパーティはお開きとなった。

山本ガバナーにとってはB地区13リジョン最後の公式訪問であり、お膝元の訪問であったため安堵した一日でもあり、緊張した一日でもあったと思われる。

取材:地区ニュース委員 L澁谷  要
撮影:キャビネット副幹事 L小島 克己 (川崎中原LC)
L星野 光雄、L井上 俊夫 (ともに川崎白百合LC)

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。