13リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

9月13日(金)ラポール千寿閣にて山本直正地区ガバナーを迎え、13リジョン公式訪問が開催された。13リジョンは前期ゾーン編成が行われ、3ゾーン11クラブから2ゾーン10クラブに再編された。

合同例会に先立ち直井 陽キャビネット副幹事の司会でゾーン別に小会議が開催された。

キャビネット役員紹介後、ファシリテーターを井田 渉キャビネット幹事が務め、ガバナーから『奉仕ファースト』〜対話と創造〜に込めた思いを伺った。

続いて「奉仕活動を基点としたクラブ活性化のために私たちができること」について各クラブ三役とディスカッションを行った。

「他クラブのアクティビティに参加しよう」

数年来の経済の低迷もあり、クラブ運営はメンバーの高齢化、退会による減少で逼迫されている。奉仕活動の縮小など、複数のクラブが同じ悩みを抱える一方、若い会員が多いクラブでは、活発な労力奉仕、アクティビティが行われている。

「スペシャルティクラブを作ろう」

ジュンイル・チョイ国際会長からの提案、新しいクラブ「スペシャルティクラブを作ろう」について、会員増強、退会防止、たくさんの活発な意見アイデアの交換が行われた。

会議の終わりに菱澤進光13RCが「クラブの活性化は難しい問題ですが、メンバーのコミュニケーションを図り、社会のために一人でも多くの新しいメンバーを増やそう」と総評された。

合同例会では、横倉良夫1ZCの開会ゴングで始まり、緊張気味の菱澤13RCの歓迎挨拶があった。役員紹介後、山本ガバナーからパワーポイントを使って『奉仕ファースト』についてテーマの説明、運営方針、国際会長からのメッセージが紹介された。

一連のセレモニーが進み、新入会員7名、LCIF献金者23名が紹介された。委員会の報告が終わり、第58回OSEALフォーラム広島大会のPR、事務局員さんへの労いの言葉があり、田中幸春2ZCの挨拶で閉会した。

会場を移動し、菱澤13RCの挨拶で引き続き懇親会が始まった。吉本春夫第1副地区ガバナー、亀井真司第2副地区ガバナーの挨拶に続き、阿部英明元地区ガバナーの乾杯で開宴。懇親会では、ガバナーを交えて各クラブが写真撮影、また相模原シティライオンズクラブ在籍の新相模原市長・本村賢太郎様との撮影で盛り上がった。

クラブPRでは、チャーターナイト、チャリティーコンサート等のイベント参加を呼びかけた。終焉に近づき、井田 渉キャビネット幹事、原 輝男キャビネット会計両名のウィサーブ・オーに次いで「また会う日まで」、北村勝一13RSの挨拶で閉宴となった。

光明歌集《発願》から

「授かりし境遇いさぎよく忍びはたす使命に光る身の上」(厳しく辛くとも与えられた試練と思い、素直に受け入れ、よく堪え、使命を果たすことで運命は光り輝く)

今日という日に感謝の気持ちを持ち続け、毎日の積み重ねの先に成長した己が逞しく輝いている様、精一杯頑張りましょう。

地区ニュース副委員長 L丸山 正浩

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。