LCIFセミナー(山梨&神奈川)報告 主催:LCIF・緊急支援委員会

8月7日(水)甲府商工会議所にて、山本直正地区ガバナー出席のもと、LCIFセミナー(山梨)が行われた。また、8月26日(月)には、神奈川県産業振興センターの多目的ホールにて、LCIFセミナー(神奈川)が開催された。

講演に先立ち、桜井孝一LCIFキャンペーン100サブエリアリーダーが「LCIFの使われ方をクラブメンバーの方々に周知させてほしい。各クラブに1冊郵送されているLCIF年次報告書に記載されているのでぜひ見てほしい」と挨拶された。続いて、阿久津隆文LCIF330複合地区コーディネーターから「330-B地区のLCIF寄付額は、日本の準地区の中で3位の好成績なので、引続きご協力をお願いしたい。」と挨拶があった。

また、神戸幸男LCIF・緊急支援委員長からは、この後の講演に関する概要説明とともに「LCIFで疑問に思うことがあれば遠慮なく委員会へ聞いてほしい。」と話された。

講演では、櫻井貴裕LCIF地区キャンペーンコーディネーターより、LCIとLCIFとの関連性や現在の状況、LCIFへの疑問やLCIFアワードに関して、LCIF50周年キャンペーンとなる「LCIFキャンペーン100」、モデルクラブ等についての説明が順次行われた。

講演後、セミナーを総括して山本ガバナーは、櫻井コーディネーターの資料が良くできていて、説明もわかりやすかったと感謝を述べられた。また、LCIFの献金は、今期のテーマである「奉仕ファースト」はしあわせ社会を作ることにつながるので、LCIFの意義を多くのメンバーへ伝えて、誇りをもって奉仕活動を行ってほしいとまとめられた。

<委員会からのお願い>

LCIFでは、毎年2000万人超の人たちに奉仕できるよう3年間で3億ドルの献金を目指す、「LCIFキャンペーン100」が前期から始まりました。

330-B地区では、前期地区目標額を大幅に上回る92万ドルを超える献金をいただきました。多大なご協力に感謝申し上げます。

また、今期キャンペーンの2年目を迎えるにあたり、地区目標額67万ドルを目指し、達成していきたいと思います。前期に引続き、是非メンバーの皆様のご理解、ご協力を心よりお願い申し上げます。

●LCIFキャンペーン100におけるクラブ目標
・クラブメンバー全員$100以上
・MJF寄付者の維持・増強
・クラブ合計寄付金額$5000以上

報告:LCIF・緊急支援委員長 L神戸 幸男

撮影:地区ニュース副委員長 L斉藤  渉

発信:地区ニュース委員会

【写真は下記アドレスをクリックしてください。】

https://photos.app.goo.gl/GPSmnJC27yxt2GWN7