就任のご挨拶 第1副地区ガバナー L吉本 晴夫

第102回ライオンズクラブ国際大会がイタリアのミラノにおいて行われ、7月9日閉会式終了の時多くのB地区のメンバーが見守る中、第55代山本直正ガバナー誕生と同時に私もエレクトが取られて第1副地区ガバナーに就任させていただきました。その責任の大きさに身が引き締まると共に、御支援いただいた皆様の御期待に添うことが出来るよう、決意を新たにした次第であります。日本においては、ライオンズクラブを取りまく社会環境は大変厳しくなってきており、またこの少子高齢化の時代で10年後のライオンズクラブはどうなっているのか、またどうしたらいいのかを考え続けております。ライオンズクラブは地域にとって必要であると確信し,この組織を維持・発展させるためには、現在各クラブで行える奉仕活動をもう少し見直して前進させる必要があると考えます。

さらに女性メンバー、青年メンバーをクラブに迎え、経験豊富なメンバーとの交流を図り、生涯メンバーであり続けてほしいと思います。そしてこれからは女性メンバーを多く登用して、いずれこの330-B地区から女性ガバナーを選出できますように環境整備をしてまいりたいと思います。

地区ガバナー、第2副地区ガバナーと共にガバナーチームの中でさらに研鑽を積で、ライオンズの為に努力を重ねてまいることをここにお約束致し、第一副地区ガバナー就任の御挨拶とさせて頂きます。