アイメイト育成募金活動を実施 横浜磯子ライオンズクラブ

晴天に恵まれた4月7日(日)、2R-3Zの私たち横浜磯子ライオンズクラブは、アイメイト協会の皆様とともに、アイメイト(盲導犬)育成のための募金活動を行いました。今回で9回目になります。

10時30分より、アイメイト利用者、ボランティアの方、2頭の現役アイメイト、多数の訓練犬、リタイア犬、そして我々メンバー及びその家族が桜木町駅前に立つと、老若男女の方々が多額の募金をしてくださいました。特に小、中学生ぐらいの子どもたちが小銭を握りしめて募金箱に駆け寄ってくれたときは、私たちもとても感激しました。

手伝ってくれたメンバーの家族の中には、小学校低学年の子どもたちもいて、募金活動を熱心にやってくれたその姿は微笑ましく、ありがたく、とても充実した1日となりました。

この活動は募金だけではなく、仕事中のアイメイトには触れてはいけないということを皆様に認知していただくことを目標としておりまして、ハーネス装着の犬(仕事中)と、その他の犬との違いを丁寧に説明させていただきました。

皆様の温かい募金とメンバーによるドネーションで、282,101円が集まり、アイメイト協会へ送金させていただきました。ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。

2R-3Z 横浜磯子LC 社会福祉委員長 L前田 光彦

発信 地区ニュース委員会