3リジョン4ゾーン主催 日帰りバス旅行で「山梨再発見」



4月24日(水)3R-4Zに於いて、毎年恒例のゾーン主催の旅行が企画された。今年は約30人の参加者があり、代議員会・年次大会が山梨県富士吉田市で開催されたが、「山梨再
発見」というテーマで、もう一度観光、見学を含めて山梨県への旅行となった。

朝7時半から横浜駅・東戸塚駅等でメンバーを乗せ、シャトー勝沼で昼食。勝沼甲州ワインとフランス料理に舌つづみを打ち、資料館とワイナリーを見学。一樽250万円のワイン樽が並べられている様は壮観だった。

次に山梨名物、信玄桔梗屋での製造工場見学。信玄餅が有名だが、施設内では信玄餅アイスや信玄餅入り最中等、アイデアと工夫を凝らした品々が出来立てその場で食べることができ、メンバーにも大変好評だった。私は特に信玄餅入り揚げパンに感動し、三箱買ってしまった次第。

最後は都留市にある、リニア館見学センター。日本の技術の粋を結集したリニア新幹線の歴史と展望を資料とビジュアルで堪能。2027年への開業を目指し、開業すると東京―甲府間を約20分、東京―大阪間を1時間で結ばれるという。実はこの日、運良く試験走行が行われていて、目の前で試験車両が時速500キロで通過する姿を見ることができ、メンバー皆釘付け。6月には実際にリニアに乗車できる機会があるそうで、メンバー皆応募用紙にせっせと書いていた。

今期のゾーンテーマは「全員共有」。ゾーンの旅行に於いても、奉仕活動・アクティビティと同様、メンバーが一つになって楽しさを共有できた上質な時間を過ごすことができた。

3R-4ZC L梅本 裕樹

発信 地区ニュース委員会