藤沢湘南ライオンズクラブ結成45周年記念例会開催

4月6日(土)にミナパークで藤沢湘南ライオンズクラブ結成45周年記念例会が開催された。

記念例会には姉妹クラブである恵庭LC、函館海峡LC、佐世保ブルーLCの3クラブ、来賓には藤沢市長・鈴木恒夫様、江島神社宮の宮司・相原圀彦様ほか、たくさんの方々に出席していただいた。ライオンズ関係では伏見 龍元国際理事、石原英司地区ガバナーをはじめ、元ガバナー、地区役員など様々な方たちにも参加していただき盛大に行われた。

宗野 稔実行委員長・佐藤春雄会長の挨拶で始まり、今期の記念事業では、毎年行われている江ノ島バリアフリー見学会でお世話になっている藤沢市、藤沢市観光協会、江島神社、江ノ島電鉄(株)に秋田杉のベンチを寄贈させていただいた。また日本ケアフィット共育機構、アイメイト協会には金一封を贈呈させていただいた。

記念講演では公益財団法人日本ケアフィット共育機構理事長・畑中 稔様より「心のバリアフリー」のセミナー講演をしていただき、障害のある方と健常者、誰もが暮らしやすい共生生活の実現に向けてのお話をされ、皆様が興味をもっていただいた印象だった。

祝宴では故古郡保郎元ガバナーの義息である堺 勇二Lの乾杯の音頭で始まり、最後はローアで締め和やかな雰囲気の中終演となった。

取材・撮影:地区ニュース委員 L小澤 亮太

発信 地区ニュース委員会