GLTクラブ活性化計画セミナー開催

3月29日(金)、71名の参加者にて「クラブ活性化計画セミナー」が神奈川県民ホール6F大会議場にて開催された。

冒頭西川 実GLT委員長より、「国際協会より様々なプログラムが発信されるがローカライズの段階でニュアンスがうまく伝わらない場合も生じる。この点を考慮のうえ活動に生かしてほしい」と挨拶があった。

第1部では小笠原政憲GLT副委員長が講師となり、「リジョン、ゾーン、クラブの会議でのロバート議事規則について」と題して民主的な議論の心構えや議事規則の理念に則った議事進行の講演が行われた。

第2部では小林 誠GLT副委員長が演台に立ち、「LCIフォーワード」「GAT」について説明を行った後、自分の所属する組織(クラブ)を客観的に評価するための質問の解説を行い、休憩をはさんでグループに分かれ、各メンバーの所属クラブに対する評価をもとに議論が行われた。議論では「会員減少防止にはこれからの例会ではメンバーが楽しく過ごせる企画が必要で、事業活動にも同じことがいえるのでは?」など今後のクラブ運営に対する活発な意見交換が行われた。

本日のセミナーが本日の受講者のみではなく、クラブに持ち帰って所属メンバーに周知し、各々のクラブやゾーンのスキルの向上や活性化に繋がればと感じた。

撮影:副委員長  L近野 照彦

記事:副委員長  L宮田 暢人

発信 地区ニュース委員会