相模原西ライオンズクラブ結成10周年記念式典を開催

2月22日(金)相模原ラポール千寿閣にて相模原西ライオンズクラブ結成10周年記念式典、祝宴を開催した。ご来賓に石原英司地区ガバナー、山本直正第1副地区ガバナー、吉本晴夫第2副地区ガバナー、伏見 龍元国際理事、佐藤精一郎元地区ガバナー、金子圭賢元地区ガバナー、渡辺和廣元地区ガバナー、桜井孝一元地区ガバナー、牧田健一元地区ガバナー、阿部英明元地区ガバナー、神田信男元地区ガバナーが参加した。

石原ガバナーは「貴クラブは地域に根ざした奉仕活動をし、アクティビティに掲げてある社会奉仕活動実績は、誠に賞賛に値します。今期ガバナーテーマは新たなる奉仕への挑戦を掲げています。貴クラブが歴史と伝統を築き上げていくためにも地域に特化した奉仕活動にチャレンジし、オンリーワンのクラブを目指してください」と挨拶された。

平賀新也キャビネット幹事、村松滝夫キャビネット会計、鳥居眞弓13RC、谷川 亘13R-1ZC、岡田清隆13R-2ZCを始めとする各クラブ多数のメンバーなど総勢120名のお客様を迎え、横倉良夫会長は10年の歩みを振り返り、テーマである活力と調和を掲げ、「この節目をもって現状維持にとどまらず、活力的に奉仕活動に挑戦しつつメンバー間の調和をもって有意義な奉仕をさせていただき、新たなスタートにさらなる発展を目指し、メンバー一丸となって邁進します」と力強い挨拶を述べた。

また、スポンサークラブ相模原ライオンズクラブへ感謝の記念品を贈呈。クラブ運営と活動に貢献したメンバーにも感謝状と記念品が贈呈された。

【記念アクティビティ】
公益財団法人日本盲導犬協会  育英支援募金
神奈川県立相模原養護学校   防災倉庫 寄贈
神奈川県立相模原養護学校   生徒様テーブルマナー講習会
社会福祉法人         川崎いのちの電話 協賛

祝宴では、山本第1副ガバナー、吉本晴夫第2副ガバナーからご挨拶をいただき、鳥居RCの乾杯のご発声でスタート。食事は創作和食。アトラクションは、メンバーによる生バンド演奏のフラダンス、歌の披露と続き、会場は終始盛り上がった。

最後に、ロアーを来賓の役員とともに参加メンバ―全員で感謝込めて行い、
「また逢う日まで」で輪になり、合唱で閉会。大盛況の式典となった。

取材・撮影:地区ニュース委員  L菱澤 進光

発信 地区ニュース委員会