2019〜2020年度 地区ガバナー・第1副地区ガバナー・ 第2副地区ガバナー立候補者届を提出!

2月5日(火)、2019〜2020年度330-B地区ガバナー・第1副地区ガバナー・第2副地区ガバナーの立候補者届け受付がキャビネット事務局で厳粛に執り行われた。

次期地区ガバナーの受付時間は10時30分、山本直正第1副地区ガバナー(5R-1Z川崎リバティライオンズクラブ所属)が立候補届出書を石原英司地区ガバナーに提出し所信を朗読した。

一部分を紹介すると、「奉仕する」ということは「他の人に尽くす」ことであり、人を思いやる心を持つ方々が増えれば増えるほど安定した明るい社会が訪れ、やがてはこの「思いやりの心」が回りまわっていつかは自分たちのところに戻ってくるということを信じるからです。そこで私は「奉仕ファースト」を改めて提唱し、1)奉仕活動について、2)会員増強・維持について、3)IT関連技術の普及推進についての行動原点をライオンズの誓いや道徳綱領に置きながら、私たちが目指す奉仕の心を判断基準の第1番とし、330-B地区繁栄のために尽力します等の高志を述べた。

11時、吉本晴夫第2副地区ガバナー(8R-1Z藤沢中央ライオンズクラブ所属)が石原ガバナーに第1副地区ガバナー立候補の届出書を提出、所信を朗読した。

11時30分、亀井真司L(9R-1Z横須賀ライオンズクラブ所属)が来訪、石原ガバナーに第2副地区ガバナー立候補届出書を提出し、所信を朗読した。

 

11時40分、桜庭友見L(1R-4Z横浜みなとみらいライオンズクラブ所属)が来訪。石原ガバナーに第2副地区ガバナー立候補届出書を提出し所信を朗読した。

石原地区ガバナーは各立候補者の立候補届・経歴書・所信表明書を確認、受理。規定に則り、14時から資格審査委員会が開かれ、上記4名の立候補届出書に対し、各立候補者が有資格者であることを確認、候補者として確定された。

取材:地区ニュース副委員長 L中井 弘明

撮影:    〃      L近野 照彦