7R-3Z 新年合同例会開催

1月22日(火)ウイングス海老名に於いて、7R-3Z新年合同例会が約130名を集めて盛大に開催された。当日は井出 孝元地区ガバナー・名誉顧問会議長や吉本晴夫第2副地区ガバナー他、多くのゲストにもご参加いただいた。

合同例会は髙岡捷二7RC、島田善子7R-3ZCの挨拶等をいただき無事終了した。

今回の7R-3Z新年合同例会のトピックは第2部懇親会にあった。会食が始まると同時に生バンドのジャズ演奏が舞台で始まったからである。次にプロ歌手CACOさんが登場し、ポップスナンバーを歌い雰囲気は盛り上がってきた。例会場には広いダンスフロアーが中央に設置されていた。

アトラクションの歌手は、3Zの各クラブから選ばれた歌自慢10余名。自慢の喉を普段のカラオケではなく、生バンド演奏で披露した。曲はオールディーズあり、演歌あり、ポップスありとごちゃ混ぜの感はあったが、アトラクション半ばからはフロアーにダンスの大きな輪ができ、盛り上がっていた。途中、井出元ガバナーの歌手飛び入り参加というハプニングも挟みつつ、盛況のうちに懇親会は終了した。

取材:地区ニュース委員 L重田  勉

撮影:7R-3Z 厚木もみじライオンズクラブ   L又村 秀

発信:地区ニュース委員会