第2回キャビネット会議

11月9日(金) 於:上野原市 もみじホール

紅葉深まる中、山梨県最東端上野原市もみじホールにて第2回キャビネット会議を開催。

石原英司地区ガバナーは就任してから5ヶ月、同時期に発生した「西日本豪雨災害」「北海道胆振東部地震」など立て続けに起こる災害に対処しながら、スピード感を持ってキャビネット運営に邁進してきたこと、また、ガバナー公式訪問を無事に終えたことを報告された。公式訪問では小会議に5時間を要したリジョンもあったが、これからの地区運営に際して忌憚ない意見を幅広く聞き、マンネリ化を脱却して新しいアクションを起こし、元気に奉仕する力のあるクラブ活動を通して、誠実な組織作りに力を入れて行く決心を新たにしたと力強く述べられた。

●幹事報告…平賀新也キャビネット幹事より「第102回ミラノ国際大会」日程の報告、「第57回東洋東南アジアフォーラム」の概要、「地区関係の現勢、LCIFの現状、今後のキャビネット行事」等の説明があった。

●会計報告…村松滝夫キャビネット会計よりキャビネット会計統括報告(2018年9月30日現在)が行われた。

引き続き、石原ガバナーが議長席へ着き議事が開始された。

石原キャビネットを支える各委員会の現在までの活動を委員長がそれぞれ熱く報告。今後の活動がさらに期待される内容だった。

取材:地区ニュース委員長 L岡部 和子

撮影:地区ニュース副委員長 L中井 弘明

発信 地区ニュース委員会