第57回オセアルフォーラム海南(ハイナン)大会

第57回オセアルフォーラムが11月15日(木)より11月18日(日)まで中国の海南島(ハイナン)で開催された。

16日(金)午前中は各種ミーテング等が開かれ、14時より海南国際会議場で開会式が行われた。

出席したメンバーを中国の民族舞踊で歓迎、代議員が入場し紹介された。いよいよ330複合地区のガバナーが登場。白のタキシードが目映いばかりの今井文彦330-A地区ガバナー・石原英司330-B地区ガバナー・飯野健三330-C地区ガバナーと続き、石原ガバナーは満面の笑顔で手を振りながら会場の人々と開催の喜びを分かち合いながら入場した。

グトラン・ビョート・イングバドター国際会長ご夫妻が入場すると、万雷の拍手、スタンディングオベーションで最高の盛り上がりの中、開会式が始まった。

Yong Jia第57回オセアルフォーラム委員長は歓迎の挨拶で「ようこそ中国海南島へ。私たちは『ココナッツの街』として知られている海口市で、第57回オセアルフォーラム組織委員会を代表して、最大限のあたたかい歓迎をいたします。国際ライオンズクラブのガイドラインを念頭に置き、私たちは自分たちを鍛えると同時に社会への奉仕や人助けに熱心に取り組んでいます。今回のフォーラムのテーマは『奉仕・共有・発展』です。奉仕を拡大し、革新を作り、ライオンズクラブ国際協会のスローガンである「奉仕」を実践しています。私たちは平等・共有・ライオンズにより多くの奉仕の提供をもたらし、ともに成長し共通の発展の追求を擁護します。私たちは博愛主義の促進や調和のとれたよりよい社会を築くことを目指しています」と述べた。

終了後、シャングリラホテル海口に場所を変え、330複合地区の参加者70名で懇親会が行われた。石原ガバナーは「我が地区が7名の参加で寂しく思っていましたが、複合地区の懇親会に参加できうれしく思います。本当にありがとうございました」と挨拶した。

17日(土)は各種ミーテング等開催の後、17時30分よりジャパン・レセプション、19時より国際会長晩餐会が行われ、大いに盛り上がった。

最終日は10時より閉会式が行われた。今大会会場となった中国から来年の開催都市広島に大会旗が引き継がれ、4日間の全日程が無事終了した。

 

なお、今大会には東洋東南アジア地域の国から5,850人、日本からは282人が参加した。

 

 

 

取材・撮影:地区ニュース

副委員長L近野 照彦

発信 地区ニュース委員会