4リジョン 青少年育成チャリティーゴルフ大会

 

11月7日(水)青少年育成のためを目的に4リジョンチャリティーゴルフ大会が開催され、各コースのクリークや池などをいかに攻略するか戦略性の高い「東京湾カントリークラブ(千葉県袖ヶ浦市)」に152名のメンバーがエントリーした。

ルールは新ペリア、ダブルパーカット、ハンディキャップ男子36女子40まで、ワングリップOK、スルー・ザ・グリーン6インチOK、ローカルルールに準じて行われ、久保田コース、蔵波コース、長浦コース、それぞれ7時56分にスタート。快晴の中、参加メンバーは谷越えやドッグレッグのコースを豪快なショットで満喫した。

附田4リジョンチェアパーソン

表彰式は深沢正吉4R幹事の司会で始まり、主催の附田徳志4RCは、「子どもは世の中の宝です。この宝を大きく成長させるための一助となればと思い、青少年育成チャリティーゴルフ大会を企画し、152名の方々にご協賛いただきました。

また、今回のチャリティーゴルフ大会のもう一つの目的は、前期の村井廣司4RCが唱えた1・2ゾーンメンバーの交流拡大です。交流が盛んになれば、新たに大きな奉仕活動が可能になるのではないでしょうか。本日、お忙しいところ早朝より本大会にご参集いただきご協力いただきました皆様に心より感謝申し上げます」と謝辞を述べた。なお、集まった浄財金は800,000円になり、1月の賀詞交歓会で関係先を招待しお渡しする。

さて成績は、蔵波コース55長浦コース48ネット70.6で平島数則様が優勝。準優勝は蔵波コース47長浦コース45ネット71.6で主催者の附田4RCが(遠慮もせずに)入賞し何ごとも一生懸命な所を披露した。

取材・撮影:地区ニュース 副委員長 L中井 弘明

発信 地区ニュース委員会