大声援の中で手に汗を握るジュニア・サッカー大会! 甲斐北ライオンズクラブ

甲府盆地の特有の猛暑も一向に和らぎを見せない8月25日(土)、26日(日)の両日、甲斐北ライオンズクラブと甲斐市サッカー協会共催で「第8回甲斐北ライオンズクラブ旗争奪U-11ジュニア・サッカーフェスティバル」が双葉スポーツ公園をメインに開催された。

県内外から36チーム、560名の選手が参加して1日目は予選リーグ、2日目は順位リーグを行い、文字通り”熱い闘い„の頂点に立った「玉諸S.S.S」が2連覇を達成。おめでとう。

また、厳暑の中で2日間力いっぱい戦った少年選手、指導者、保護者会、それに協会の審判員の方々には「やり遂げた」ことに達成感、幸福感を共有できたと思う。この2日間メンバーに於いても他の支援組織と連携を持ちながら、企画から運営にと奔走。無事に閉会式を終えたことは“me too„と思う。

クラブがモットーとする「青少年健全育成」の取り組みは、今年もまだまだ続く。

いずれにしても“We Serve”のテーマのもと、これら事業が未来を担う青少年の健全育成には極めて肝要であることを、メンバー一同は確信している。

11R-1Z 甲斐北ライオンズクラブ 会長 L笹本 嘉朝

発信 地区ニュース委員会