12リジョン2ゾーン 合同 統一奉仕デー報告

12R-2Zは、4クラブ合同で統一奉仕デーのアクティビティを実施した。各クラブが少人数で実施するよりも大勢で行動する方が、地域へのアピール度が大きいと数年前から行っている。石原英司地区ガバナーも開会式で「地域のみなさんにライオンズクラブがこうした奉仕活動を行っていることを理解していただくことが大切」と挨拶。48名のメンバーが静岡県に通じる道路沿いのゴミ回収に汗を流した。わずか1キロメートル間で回収された空き缶やペットボトルなどのゴミの量は約1トン。誰もがマナーの悪さに憤りを隠せない様子だった。

この日は、同時刻に道の駅なるさわで「臓器移植普及推進月間」の街頭キャンペーンも行われ、山梨県腎臓病協議会郡内ブロックの18名、富士東部保健福祉事務所の職員、ライオンズクラブのメンバー12名が、意志表示カードやチラシを配布した。

取材:地区ニュース副委員長 L渡辺 和之

撮影:地区ニュース委員  L長田  均

発信 地区ニュース委員会