ファシリテーター・セミナーが開催される!

「ファシリテーター・セミナー」は9月27日13時から神奈川県民ホール6階会議室で行われました。3時間45分におよぶセミナーを石原英司地区ガバナーをはじめとする69名の参加者一人ひとりが大変な集中力で熱心に受講しました。

ライオンズクラブ国際協会は次の100年を目指し、LCIフォーワードという戦略プランを達成するために、国際協会、会則地域、地区(複合、単一、準)クラブの各レベルごとにGAT(グローバル・アクション・チーム)を組織しました。ガバナー協議会議長、地区ガバナー、クラブ会長は、それぞれの組織のGATファシリテーターを務めなければなりません。年間2億人に奉仕をするというLCIフォーワードの目標達成に向けて行動の中心となるのはクラブです。そのため、クラブのGATファシリテーターを務めるクラブ会長は非常に重要な役目となります。

そこで、ファシリテーターとはどのような役目なのか、ワークショップを通して体験的なセミナーをGLT委員会が開催しました。

まず第1部として「クラブ理事会とロバート議事規則について」小笠原政憲GLT副委員長が説明しました。

第2部は、大野晴司中長期ビジョン・政策副委員長が専門家として講師を務め、ファシリテーション、場を作る・対話する・整理する・合意を導くためのスキルなどについて、わかりやすく丁寧に説明しました。特に「整理する」スキルで、要素をまとめていくグルーピング、要素に分解していくツリーなどの技法は会社経営にも役立つ非常に貴重な講義でした。

最後に、石原英司地区ガバナーより受講修了書をいただき終了しました。

GLT委員会委員長 L 西 川 実

撮影:地区ニュース委員会副委員長  L 近野 照彦

発信 地区ニュース委員会