奉仕を体験、そして会員増強  相模原シティライオンズクラブ

9月27日(木)相模原シティライオンズクラブ(井筒和美会長/43名)は、会員委員会担当の第2例会を行った。

会員増強を担う会員委員会として、何か変わった趣向はないかと考えたのが今回の『奉仕の体験』である。

当日は、北海道胆振東部地震の募金活動を16時から行い11名のゲストにも参加いただいた。ゲストは口々に「声を出すのは勇気がいるね」とか「結構、募金をしてくれる人がいるんだね。世の中もまんざらではないな」など募金をお願いする立場を体験してもらい、全員がすがすがしさを味わった。

その後、『異業種名刺交換会』と銘打って懇親会を行い、井筒会長、吉原委員長から相模原シティライオンズクラブのアクティビティの説明がなされ、ゲストは真剣に耳を傾け、入会を考えていた。

やはりライオンズクラブは、中心となるアクティビティが確立していれば会員を増やすことはできる、と確信した一日であった。

13R1ZC L谷川 亘

発信 地区二ュース委員会