3リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

ほんの10日前までは異常気象ともいえる猛暑であったが、心地良い気温となった9月7日(金)に3Rのガバナー公式訪問合同例会・小会議が新横浜国際ホテルにて開催された。定刻の13時に保科明彦キャビネット副幹事の司会、山本直正第1副地区ガバナーの「開会の言葉」で開始された。

小会議において、石原英司地区ガバナーからは3Rに対しての期待のお言葉と、就任後に連発する自然災害に対するボランティアのさらなる貢献のお願いがあった。また、今年度のガバナーの基本方針、各クラブに対しての増員目標等のご指示、国際会長のプロフィール紹介等も確認できる内容のご挨拶をいただいた。

議事は1Z〜4Zの全15クラブとの質疑応答が主となり、全てのクラブに対してキメ細かで丁寧な返答をされている石原ガバナーの姿がとても頼もしく映った。返答の中の「居心地の良いクラブの空気を作ってあげてください」とのお言葉と、各クラブのアクティビティに興味を持って質問される姿が印象に残り、「女子会員が初めて入会して、クラブの雰囲気が華やかになった」との報告が皆の微笑みを誘う場面は、ガバナー公式訪問の価値を上げるものであった。

小会議最後のガバナー総括では4時間半におよぶ長時間の会議に対する労いと、各クラブが他のクラブの状況を確認できる有意義な会議になった旨のお話があり、吉本晴夫第2副地区ガバナーの「閉会の言葉」で定刻の17時30分に閉会となった。

その後に開催された合同例会も大いに盛り上がり、3Rのガバナー公式訪問は無事終了となった。

取材・撮影:地区ニュース委員 L菱田 恒三

発信 地区ニュース委員会