2リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

2Rの合同例会・小会議は、9月6日(木)に横浜市中区のロイヤルホールヨコハマで開催された。

先に行われた小会議には1Z~3Zの計16LCの3役が出席し、実行計画記入・報告書に基づきアクティビティ計画とクラブが抱えている問題について報告した。石原地区ガバナーは各クラブ会長の報告を受け、それぞれに質疑応答を行った。会員増強と維持のためにどのような取り組みをしているか、また新しいアクティビティの実施や現在ある計画等について中身の濃い意見交換をした。

押尾泰典2RSの司会で始まった合同例会には、2Rの3つのゾーンから230余名が参加。石原ガバナーは冒頭の挨拶で、「ラスベガスの国際大会で親しくなった西日本の4人のガバナーと友情を誓って別れた数日後に西日本の豪雨災害が発生した。8月3日には台風21号が関西を直撃し強風による災害が発生。そして、昨日は遅くなったので横浜のホテルに宿泊したが、今朝ホテルで北海道に震度7の地震が起きたことを知った。いまや災害は常に想定しておかなければいけないこと。ネットワークを構築して災害が発生したときに迅速に対応する。石原は災害発生時によくやってくれたと記憶に残るガバナーでありたい」と語った。今期の国際会長ならびに地区・活動方針についての説明では、石原ガバナーは、会員増強、アクティビティの創出、LCIFへの協力を説き、今回合同例会に付随する新しい試みとして新入会員オリエンテーションを実施し、新人の例会参加を促したこと。ひとつの会場に集まらなくても会議ができるように、今後テレビ会議を取り入れていくことをマーケティング・コミュニケーション委員会に諮り、対応をお願いしたことなどを話された。

恒例のクラブ3役、新入会員・スポンサー等への記念品贈呈、続いてLCIF1,000ドルクラブ献金は、式次第に記載もれの横浜南LCほか4クラブが献金。MJF1,000ドル個人献金は9名で、星田信之2RCが代表して石原ガバナーに目録を贈呈し、ガバナーから感謝の意が伝えられた。 幹事報告、委員会からのお知らせがあり、合同例会第1部が終了。

懇親会では、今朝方3時08分に発生した北海道胆振東部地震を受け、各テーブルを回って義援金募金が行われた。集まった義援金は総額184,000円となり、被害が大きい厚真町などの被災地支援に充てられる。

取材・撮影:地区ニュース委員  L川津 雅彦

発信:地区ニュース委員会