ガバナーズメッセージ

朝夕はめっきり涼しく、過ごしやすくなりました。メンバーの皆様には日頃地区運営へのご理解ご協力を賜り感謝申し上げます。

また、7月の西日本豪雨災害、9月の北海道胆振東部地震でお亡くなりになった方々に対し、衷心よりお悔やみ申し上げますと共に、被災された方々にお見舞い申し上げます。そして各クラブにおかれましては、精力的に募金活動や被災地への救援物資提供をしていただき重ねて御礼申し上げます。

さて、今期もあっという間に3ヶ月が過ぎようとしておりますが、これまでのキャビネット行事のご報告をさせていただきます。

7月18日、霊峰富士山のふもと北口本宮冨士浅間神社に於いて地区目標達成祈願祭が執り行われました。ご多忙中にも関わらず多くのメンバーの皆様にご参加していただき感謝申し上げます。7月24日、猛暑の中、移転後初めて新事務局に於いてキャビネット事務局開所式を開催いたしました。130名を超える皆様が激励に駆けつけ、午前・午後の2回とも盛会のうちに終えることができました。

8月1日、第1回キャビネット会議が開催されました。慎重審議の結果、全ての議案は承認可決され無事終了いたしました。また、ナレッシュ・アガワルLCIF理事長公式訪問、グドラン・ビョート・イングバドター国際会長公式訪問でも沢山のメンバーの皆様にご参加をいただき、改めて厚く御礼申し上げます。そして8月21日(9R)からスタートしたガバナー公式訪問も終盤を迎え、小会議ではクラブ三役の皆様の熱意が伝わってくる貴重な意見交換をさせていただきました。全てのクラブが、ガバナーテーマである『Take action』〜新たなる奉仕への挑戦〜を正しく理解し実践していただけると確信いたしました。

グドラン国際会長は「ライオンズですらまだ辿り着いていない奉仕の世界があります。我々は自分の地域やクラブで世界がまだ目にしていない水準の人道奉仕を達成させるのです」とメッセージを伝えています。

行動しなければ何も始まりません。一人ひとりが行動することによってクラブに大きなエネルギーが集まり成功へと導かれます。ぜひ奉仕の未開拓分野を追求し、オンリーワンの奉仕、オンリーワンのクラブを目指してください。

私も地区ガバナーとしてしっかりと“一意専心”地区運営をして参ります。どうぞ今後ともご支援ご協力を宜しくお願いいたします。

ライオンズクラブ国際協会330-B地区

第54代地区ガバナー石原 英司