第14回「親と子のふれあい」ジュニアスケート教室 開催

橫浜みどりライオンズクラブ

8月4日(土)14時15分~16時15分、新横浜スケートセンターにて「親と子のふれあい」をテーマにスケート教室を開催いたしました。当日は親子合わせて112名を超える多くの方が参加され、メンバー含め大いに盛り上がりました。教室では、多くの女子アイスホッケー日本代表選手が所属する、SEIBUプリンセスラビッツの皆様方に指導をしていただきました。

アイススケート教室風景

エキシビションでは、選手達によるアイスホッケーのミニゲームや、横浜あおばライオンズクラブの坂間Lのお嬢様、彩野さんによるフィギュアスケートの演技に子どもたちが目を丸くして歓声を上げ、選手達も笑顔で手を振っていたのが印象的でした。

フリータイムでは親と子、子どもと子ども、親と親があちらこちらで楽しそうに談笑し、笑顔・笑顔・笑顔が広がっていました。リンク全体が一体となって参加者全員が同じ時間を共有できたのではと思います。

今年で14年目を迎えるこのイベントも地元では定着しつつあります。我々横浜みどりLCは、希薄になりつつある人間関係、その中でも「親と子のふれあい」に少しでも役立ち、そして5年後、10年後も楽しい思い出の1ページとして残していただけるよう、メンバー一丸となって、今後も青少年健全育成事業として継続していきたいと思います。

3R-3Z 横浜みどりライオンズクラブ L青木 哲也

発信:地区ニュース委員会