政策委員会報告 横浜旭ライオンズクラブ事例紹介

写真左から、横浜旭ライオンズクラブの市川前会長、新野尾現会長、宮西次期会長

政策委員会では、「クラブ実行計画書」を通じて、中長期計画を策定し、高い実績を上げているクラブの取り組みについてお話しを伺い、他クラブの参考になればと考えております。今回は、3R-1Zの横浜旭ライオンズクラブの事例を掲載させていただきます。
聞き手は、政策委員会委員のL吉田です。
Q1:中長期計画を立案した際にどのような点に気を付けましたか?
無理なく実行でき、メンバーの皆さんが中長期にわたって実行できるアクティビティにしていくことに気を付けました。
1番目には薬物乱用防止教室、
2番目には地域開催のスポーツ大会などのイベントに対する協賛、
3番目には献眼献血を継続していくことを立案しました。(前会長市川L)
Q2:今期の取り組みで特に力を入れた点はどこでしょうか?
期初に入会していただいたメンバーも多く、奉仕というものが若いメンバーに浸透していないところもあったので、各種のアクティビティに参加し、理解を深めていただくことに注力しました。これは退会を防ぐ効果にもつながると確信してます。
(今期会長新野尾L)
例会等の懇親会のみに参加してしまうと、ライオンズクラブ本来の目的が感じられず、所属意識が薄れていきますが、奉仕活動に参加してもらうことでライオンズクラブの意義も感じられ、楽しさに変わっていきます。
(今期会長新野尾L)
Q3:次期に向けて特に取り組んでいきたい点はどこでしょうか?
7月からの期で50周年を迎える伝統があり、奉仕活動に関しても当クラブでは薬物乱用防止教室を特に注力しています。このように際立った活動は継続していきたいと考えています。
クラブというのはメンバーありきで数は力です。現在34名の体制ですが、年次的も、80代から30代までバランスのよい年齢層がそろっているので、さらに会員増強を行っていき、若手の教育していくことで、奉仕の力をつけていきたいですね。
(次期会長宮西L)
Q4:この中長期計画を活用してみてどのように感じますか?
個人で長期計画を立てることはなかなか難しいが、前期からの引継ぎ事項が明確でわかりやすかったです。(今期会長新野尾L)
継続こそ力なりで、メンバーの皆さんで協力し、ひとつの方針について理解していただきながら進めていけたのがさらなる継続性につながりました。(前期会長市川L)
Q5:他クラブに対してアドバイスのようなものがあればお聞かせください。
当クラブは年齢層も業種も業界もバラバラなメンバーで構成されているから、それぞれの話に面白みを感じながらコミュニケーションをとれているので、簡単ではありませんが、多種多様な人たちを増やしていくとより活発になるかと思います。
(次期会長宮西L)
ベテランも例会には参加し、意見は言うが、アクティビティに参加しない人も居るかと思うので、そういった人達にも積極的に参加して若いメンバーの見本となってほしいですね。(今期会長新野尾L)
Q6:懇親会やその他の取り組みで要点があれば教えてください。
例会後の飲み会に私はいかないようにしてました。大切なことは理事会や例会で決めるべきと考えていますので。先入観が入ることを極力避けていました。
(今期会長新野尾L)
私は逆に例会後の飲み会は、自由に意見を言える場所にしたいと思い積極的に参加していました。このように多様なやり方があっても互いに認め合っていれる環境というが、当クラブの良いところの一つですね。(前期会長市川L)
今後もこのような多様なやり方を認め合う良い流れは継続していきたいです。当クラブに派閥がないことが、この流れを作っているのではと思います。多種多様なメンバーが派閥なく、声の大小で物事を進めない、話し合いの雰囲気が浸透しているということですね。(次期会長宮西L)
会員親睦のゴルフコンペや、例会後の飲み会にも多くのライオンが参加し、年齢や職業の壁も無く、活発に意見交換している横浜旭ライオンズクラブは、中長期ビジョンがメンバーに浸透していると感じました。

お忙しいところインタビューにお答えいただき、ありがとうございました。

政策委員 L吉田