みんなで考えよう明日のライオンズ 〜楽しさとは?やりがいとは?〜 

標記のセミナーが6月2日(土)14時よりメルパルク横浜にて串田久子会員増強・エクステンション副委員長の司会で開催された。主に入会5年未満のメンバーが出席者の約半数で、先輩メンバーの発想できない視点の感想があった。

山本直正次期第一副地区ガバナー「私もライオンズに入会して良かったと思っており、各メンバーもそれを探してください。」と開会の挨拶の後、倉田雅史会員増強・エクステンション委員長が、「クラブを超えて、他のクラブの活動を参考にしてコミュニケーションをはかって欲しい。」と主旨説明を行った。

今年度会員増強(純増17名)の横浜みなと馬車道LCと7名をスポンサーした朝倉実L(同クラブ所属)が濵田 徹地区ガバナーより表彰の後、約140数名の出席者を18のグループに分け下記テーマでグループディスカッションに入った。

1.「なにコレ?ライオンズ」 発表は、4グループ
~入会して良かったこと おどろいたこと~
2.「あなたが作る 新クラブ企画」 発表は、5グループ
~会費は?奉仕活動は?どんなメンバーを何人位招請しますか?~
発表は、各グループ全員が登壇し発表した。主な意見は下記。
〇会費を下げて入会を誘いやすくする。入会するかは?
〇家族、知人を納涼、クリスマス例会等に呼べる楽しい例会を
〇新しいアクティビィティーをやりたいが、人的、費用の観点から
継続事業との調整が困難。
〇用語、組織等がなかなか理解しにくい。
〇伝統に縛られすぎていなか?(ローア、手を繋いで歌を歌う等)
〇派閥があり、先輩が多く真の意味での平等でない。
〇クラウドファンディング、SNS,ホームページの活用も。
〇子供食堂や高齢者の援助、資源回収により資金の確保

事例発表として「僕のライオンズライフの楽しみ方」を鈴木泰堂330複合地区国際理事支援委員が、「ライオンズが好きですと喜んで言えるメンバーになってください」と励ました。濵田ガバナーより、「グループディスカッションが活発に行われ、発表された課題は今後の参考になった」と講評され、石原ガバナーエレクトの閉会の挨拶後、大抽選会で盛り上がった懇親会となった。

取材:PR情報委員   L細谷  修
撮影:PR情報副委員長 L中井 弘明